彩夏ちゃんのゆる玉応援活動記

2012年5月25日(金曜日)

常陸国YOSAKOI祭りに行ってきました


5月20日(日)に実行委員長と一緒に「第9回常陸国YOSAKOI祭り」に行ってきました。この常陸国YOSAKOI祭りと「彩夏祭」とは、前から交流があって、ここ数年、朝霞市民まつり実行委員会から実行委員長が審査員としてお伺いしています。 

大子町 袋田の滝の入口に到着。委員長、歩くの早いです (><;)

 

この祭りの開催地、大子町の「常陸国大子連」が、第27回「彩夏祭」に参加してくれたこともあるんです。 

大子連

 

この日はちょっと早起きして一路、きらきら緑の葉っぱがゆらめく五月晴れの茨城県久慈郡大子町(だいごまち)へ。

まずは、腹ごしらえです~

 

大子町といえば袋田の滝(ふくろだのたき)が有名ですが、この日ばかりは、よさこい一色!「彩夏祭」でお会いしたことのあるチームの皆さんも参加されていましたよ。あっ、

あ、夏舞徒さんだ

 

朝霞市のチーム「夏舞徒(かぶと)」の皆さんにもお会いしました。

今年の演舞は… あっとっととと、言いませんからね!「彩夏祭」でご覧くださいね。

 

実行委員長と審査員席で

 

さて、このお祭りは、例年5月下旬に開催されていますが、去年は、東日本大震災により、茨城県内でも大きな被害があったことなどから第8回大会は中止になっています。みなさん、きっととっても悩んだ末のことだったと思います。(去年の春、彩夏祭でも、開催するべきか否か何度も何度も実行委員で話し合いましたもの…)今年は、「日本の未来のために」と題し、東日本大震災の復興祈願を込めて開催したとのことです。東北地方のチームのみなさんもたくさん参加していて、みんな、笑顔がとっても素敵で、きらきらしていました。お祭りって、不思議です。参加するのはもちろんだけれど、見ているだけ、会場の雰囲気を味わうだけでも、そして、もうすぐお祭りがあるんだって思うだけでも心が踊り、元気が湧いてきます。やっぱり、お祭りの持つ力はスゴいです。

 

【大賞】郷人(ごうじん)

 

「彩夏祭」では、今年も「とどけよう元気を朝霞から」を合言葉に、元気と笑顔を発信しようと準備をしています!今回、常陸国YOSAKOI祭りでいただいたパワーを、「彩夏祭」開催の力にプラスして、もっともっとがんばらなくちゃ!!