彩夏ちゃんのゆる玉応援活動記

2010年8月31日(火曜日)

彩夏ちゃんの「彩夏祭レポート」2010 ①~いよいよ「彩夏祭」まで、カウントダウンなのです~


 

今年の「彩夏祭」が終わって、1か月。「彩夏祭」のあの人波、あの熱のこもった踊り、轟き輝く花火、楽しいイベント、食欲をそそる出店、みんなの笑顔…今はもう、どこか懐かしいような悲しいような感じがします。今、朝霞会場では、あの沸き立つ鳴子のリズムと音楽に替わり、たくさんの蝉たちがここを先途と鳴き交わすばかりです。 

  

さて、今回から、第27回朝霞市民まつり「彩夏祭」の彩夏ちゃんのレポートをお届けします. 

  

それでは、 「彩夏祭」本番3日前の7月28日。この日は、陸上自衛隊朝霞駐屯地へ出来上がった地方車を確認にでかけます。ご存知の方も多いと思うけど、「彩夏祭」の地方車は、陸上自衛隊のトラックを借りて作られます。まさに〝鋼”といった感じの車体を飾りつけ、鳴子の踊りの隊列を先導する姿に、フアンの方もいるとか…この日は、「音出し」と呼ばれる地方車に搭載した音響設備のチェックもします。 

入念な試走を行います

 

先導を終えた地方車(8月1日)

 

翌日の29日には、地方車を実際に走らせる「試走」がありました。流し踊り会場を実際に走ります。途中の道で出合ったドライバーさんたちは、自衛隊のトラックの飾り付けられた姿に不思議そうでした。今年のデザインは、鳴子踊りをイメージした2字熟語を各車に配置したものです。北朝霞ステージのデザインと統一デザインだったの、気づきました?今年のデザインは、いかがでしたか? 

北朝霞ステージの出来上がり!

 

5秒前、3、2、1、・・・・

 

 ところで、そのころの彩夏ちゃんはと言うと、「彩夏祭」の告知のお仕事でアタフタしてました。テレビ埼玉で、名誉実行委員長(朝霞市長)と一緒に「ごごたま」に出演しましたよ。この番組は初めてじゃないし、大丈夫って思ったけど、、、アレレ?スタジオに入ると、去年のセットとガラリと変わってる!そう言えば、打合わせの時にTV会社の人が「地上波デジタル放送に合わせて、スタジオも変わったんだよ。アナログと違って、実際に奥行きが無いと映像が平板になっちゃうからね」って言ってたっけ…「彩夏ちゃん、下向かないでね~」ディレクターさんに言われちゃった。わぁ~今回もやっぱり緊張してきた。でも、名誉実行委員長が鳴らした鳴子の大きな音を聞いたら元気が出てきました。OA見てくれたみんなが、「よかったよ」って言ってくれたから、上手に出来たんだよね。  

名誉実行委員長による、正しい鳴子の持ち方講座です

 

さて、いよいよ30日の夕方には前夜祭がスタートです。がんばるぞ!