彩夏ちゃんのゆる玉応援活動記

2009年11月30日(月曜日)

ご当地キャラが、たくさん!


落葉の季節です。
彩夏祭の会場だった市役所周辺の木々も、すっかり晩秋の装いです。
金茶に変わったケヤキの葉が、風に乗ってはらはらと舞い落ちてきます。
ちょっとメランコリックな気分… でも、降り積もる落葉を見ていると… アレが食べたくなってくる…
そう、焼き芋!
秋は、お芋堀りの季節でもあることだしね、やっぱり焼き芋でしょ!
それに、朝霞には、おいしいお芋があるんだって。
たべた~い

ところで、
そんな、まん丸ボディの彩夏ちゃんが本に載りました v(>。<) 5月ごろにお話をもらって、 10月の末ごろ発売されました。 『日本全国ご当地キャラクター図鑑2』という本です。

この本を見ると、ご当地キャラクターって、本当にたくさんいるンだなァって、びっくりしちゃいます。
ゆるキャラ系から、萌えキャラ、アニメキャラっぽい子、かなり個性的な子…
いろいろなイメージキャラクター達が、日本全国にいるんだね。
埼玉県だけでもたくさんいるし、どんどん増えてるらしい。
ゆる玉応援団の団員も増えて、にぎやかになってきてるしね。
ちなみに、「ゆるキャラ」というのは、「ゆるいマスコットキャラクター」を略したもので、みうらじゅん氏によるものだそうです。

これからも、いろんなところで彩夏ちゃんを取上げて欲しいな。
そうしたら、彩夏ちゃんと「彩夏祭」をもっとたくさんの人に知ってもらえるものね。
まァがんばれば良いものでもないけれど、トニカクがんばろう!