彩夏ちゃんのゆる玉応援活動記

2009年10月22日(木曜日)

「YOSAKOIそうなん」へ、行ってきました


深谷市(旧岡部町)の「コスモス祭」のメインイベントです。
今回は、審査委員として実行委員長が招かれました。
よさこいソーランの「ソーラン」と県北周辺の言い回し(方言?)「そうなん=そうなんだ」を掛けた名前のお祭りです。

このお祭りは、地元商工会の青年部が中心になって開催しているお祭りです。
埼玉県の北部エリアなので、群馬県のチームもたくさん参加しているとか。
秋を謳う(うたう)コスモスの花で、きれいに飾られたお祭りのステージは、主催者の心のこもった手作りステージです。
朝霞のチームはもちろん、彩夏祭に参加いただいたチームも来ていましたよ。
彩夏祭での踊りが、また見られるなんて嬉しいな♪

この日は、コスモスの花もビックリしたんじゃないかと思うほど急に寒くなって、カイロ片手によさこいを見ることに… う~ん寒い~…
でも、踊子の皆さんの熱い踊りを見ているうちに、心がアツく燃えてきました。
よさこい踊りは、お祭り会場のほか、大学のステージでもお披露目です。
深谷市内の大学の学園祭と同じ日に開催しているので、協力しているそうです。
大学のイメージキャラクター「フカニャン」も応援に来ていましたよ。
彩夏ちゃんともお友達になれたらいいのにナ
お祭りをする上で、こんなふうに10代、20代の皆さんとの協力や交流の方法があるんだなぁと、ちょっとうらやましくなちゃいました。
「自分たちのお祭りをやるんだ」っていう熱意をいっぱいに感じた一日でした。

彩夏祭の運営にも、もっと大勢のいろいろな人たちに参加、協力してもらえるようにがんばらなくっちゃ!