彩夏ちゃんのゆる玉応援活動記

2009年10月14日(水曜日)

「よさこい」の視察と交流してきました&します!


夏の名残のお話です。
彩夏祭の後、高知の「よさこい」へ、交流と視察を兼ねて行って来ました。
今回で4回目の高知ですが、高知市長をはじめ振興会の皆さん、何時も歓迎していただいてありがとうございます。

高知は、さすが本場です。
鳴子と踊りの切れ、パワーと完成度がすごいです。
今回も、高知で得られた事、見えてきたことがいっぱいありました。
来年の「彩夏祭」に、生かして行けたらなぁと思っています。

9月には、福島県郡山市の「うつくしまYOSAKOI」に審査委員として実行委員長が招かれました。
黄金色の稲穂をバックに組まれたステージは、それだけで豊かな感じを受けます。

10月には、埼玉県の岡部町(現 深谷市)の「関東YOSAKOIそうなん」にも審査委員として実行委員長が参加します。
こちらは、コスモスの中のお祭りだそうです。

よさこい鳴子踊りが縁で、いろんな地域の人との交流が生まれてきています。
(もちろん、よさこい踊りだけではありませんが…)
これからも、もっともっと色々な地域や人との交流が生まれ、「彩夏祭」がそのファクターとしてたくさんの役目を果たせますように!