彩夏ちゃんのゆる玉応援活動記

2009年10月8日(木曜日)

秋は…やっぱり、秋も祭シーズン!


9月は、晴れの日が多かった気がします。
秋晴れは、カラッとして気持ちいいです。

イベント情報とか旅先で見たニュースによると「よさこい祭」は全国的に人気なのだなぁと実感します。

もともと夏祭は、雨乞いや、疫病封じ、慰霊、農作業の慰労だったそうです。
(盆踊りは、求婚の場だったとか…)
秋は収穫のお祝いだから、やっぱりお祭りの多い季節ですよね。
こうした地元の祭礼の他に、地域交流のための祭もあるから、大小あわせると、本当ににぎやかですよね。

祭は、民俗学的には「ハレ」と呼ばれる非日常の空間だから、「よさこい」のバサラっぽい感じが合うのかもしれませんね。
それに、地元の祭礼色が薄いのも、地域コミュニティの交流のための祭り向きなのでしょうか。
どちらにしても、まだまだ、「よさこい」があちらこちらで開催されます。
「彩夏祭」を見逃した方、「よさこい?」の方、一度、ご覧になってみてください。
そして、ぜひ来年の彩夏祭にお越しくださいませ。
― 来年の話しをしていると、鬼が笑っちゃうかな。

ちなみに、10月30日~11月3日開催の「まなびピア埼玉2009」では、朝霞市のブースで「彩夏祭」を紹介します。
さいたま新都心にある「さいたまスーパーアリーナ」で開催です。
彩夏ちゃんも参加しますので、会いに来てくださいね。