ニュース

2017年4月1日(土曜日)

第34回朝霞市民まつり「彩夏祭」協賛金募集


ご協賛のお願い

朝霞市民まつり「彩夏祭」は、ふるさと意識と地域コミュニティの醸成を願い、昭和59年に市民の手によって始まって以来、今年で34回目を迎えますが、今では朝霞の夏の風物詩として広く市内外に知られるようになりました。

昨年の来場者は、過去最多の約70万人にも上りましたが、彩夏祭は「参加する喜び」、「見る喜び」、そして「作る喜び」によって成り立っているものです。

この「作る喜び」に共感していただいている皆様の大変なご尽力のもとに集められた協賛金は、祭り予算の約半分を占める大変貴重な財源であり、彩夏祭の誇りであるとともに、祭りには欠かすことのできないものとなっております。

朝霞市民まつり実行委員会では、皆様の期待に応え、笑顔と元気があふれる祭りにしようと準備を進めておりますが、今年も、彩夏祭が盛大に開催できますよう、是非、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年4月

朝霞市民まつり名誉委員長 朝霞市長 富岡 勝則
朝霞市コミュニティ協議会 会長 渡辺 俊夫
朝霞市民まつり実行委員会 実行委員長 松井 弘

協賛金募集要項・申込書はこちらのページをご確認ください。